相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2014年9月8日   臥薪嘗胆を刻す

    展覧会へ出品する作品
    印章組合の展覧会の1つの大印展に出品する作品が出来上がりました。
    この時期、宮日総合美術展も今週の搬入なので同じ作を2ヶ所に出します。
    今回の題目は『臥薪嘗胆』
    意味は、目的を果たすためにあらゆる苦難に耐えること。 う~ん、作ってて耳が痛い…。
    書いた印稿(原稿)と、刻した捺印した印影
    上の画像は、左が印稿(印の原稿)で、右が捺印した物です。
    完成図となる印稿を書いて、それに近づける様に刻していきます。
    この印稿が重要であり、一番時間が掛かる作業となります。
    印稿を描く作業を考えると刻すことは先が見えてるいるし楽です。
    展覧会に出品する作品(臥薪嘗胆)
    今回の製作時間は辞書から文字を書き出してから捺印して完成まで12時間程度…
    もっと時間を掛けないといけないのですが…
    また最低3個は彫らないといけませんが1個のみでした。
    2個目は彫れる状態に持って来てますが断念せざるおえません。
    作品としては短時間でしたが、自分なりに自分の中の引き出しを引っ張り出しまくって作りました。
    あとは台紙に貼り合わせて発送します。
    せめて銀賞に…。いや、金賞に輝きたい…。甘いか…(汗)

    カテゴリー: 日々精進, 篆刻

    ↓↓↓1つづつポチッと、お願いしますm(__)m

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ にほんブログ村   人気ブログランキングへ
  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ