相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2016年1月28日   焼き印の版下

    石碑から拓をとる
    高鍋大師の石仏に刻まれてる石仏の作者 岩岡保吉さんの名の拓を取ってきました。
    拓を取った物と、写真を見ながら版下作製
    石仏の表面は粗いので写真を見ながら文字のアウトラインを取っていきます。
    最後は墨と白い絵具で書き上げる
    文字の部分に墨を入れて、白の絵具で修正しながら書き上げていきます。
    パンに押す焼き印を作成
    この版下はホテル四季亭で作ってるパンに捺す焼き印の版下です。
    版下が出来上がればスキャナーで読込みBMPで白黒2諧調にすれば完成です。
    あとは焼き印の大きさをどのくらいにするかになります。
    一連の工程をやってみて、この様な場合は半紙を使って湿拓でする方が楽だと思いました。
    高鍋大使


    カテゴリー: 店の出来事、etc.

    ↓↓↓1つづつポチッと、お願いしますm(__)m

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ にほんブログ村   人気ブログランキングへ
  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ