相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2015年7月5日   漢字を英文で説明

    来日する度にご注文を頂いていたベルギーのお客様よりメールが届きました。
    翻訳機能を使ってメールの文章を読もうとすると、全く意味不明の文章が羅列される次第です…orz 諦めて単語だけを翻訳して読みましたが、たぶんこんな感じだろうしか分かりません(汗)
    読み砕いたなかで分かった事は、今年の7月に大阪に旅行に来られて、11月には宮崎に行くのでお会いしたいという事と、獣医の字源を知りたいとの事でした。たぶん…
    字源の説明となると、六書(りくしょ)の説明から始めないとと思って六書の説明を英文で書きかたでした。
    英文で六書の説明
    六書とは、象形文字、指示文字、形声文字、会意文字、転注、仮借の事で、漢字はこの中の象形、指示、形声、会意の4種類に分類できます。
    象形
    山、川、水、鳥などの形の物をそのまま取り込んだ字
    指示
    1、2、3、4、上、下…の様に絵としては描きにくい一般的な事態を、抽象的な約束や、印(しるし)であらわした字。
    形声
    音を示す文字と、意味を示す文字とが組み合わせられた字
    晴:日+青(音:セイ)
    晴、江、粉、試…など
    会意
    象形文字と、指示文字とを組み合わせ字
    明、男、鳴、休
    明:日(窓を示した指示文字)+月(象形文字)
    英文で獣の解説
    六書の説明をしたのちに本題の獣の文字の解説に入りました。
    自分が持ってる語学力(google翻訳)を駆使して文章を作りました。
    自動翻訳は文章がおかしくなったりする事が多いので、なるべく短文で構成してみました。
    さて、この文章を読み取れるかかなり心配です…。
    やばい…仕事が…(汗)
    その後…
    友人に獣の文章を書き直して貰いました…(汗)


    カテゴリー: 店の出来事、etc.

    ↓↓↓1つづつポチッと、お願いしますm(__)m

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ にほんブログ村   人気ブログランキングへ
  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ