相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2014年2月24日   岐路に立つ

    楽篆 Vol.76
    最近、目が痒くなってきました。すぎ花粉の時期到来ですね。
    まだ店内での仕事ですので外に出ない限り苦痛ではないですが、外で仕事をされてる方は大変だろうと思います。
    金曜日に神奈川の吉永様より「今回の楽篆も優でしたよ」とご連絡を頂き、また今回は今年の干支が課題だったので篆刻界でも有名な方の作が載るので、そういう方の作はどんな作なのか見たくて楽篆が届くのを楽しみにしてました。
    楽篆vol.76(2014年)で連続で2回目の優の評価をもらう
    土曜日は接客で17時半頃に店を出ましたが、楽篆が届かず更に県美展も見れず仕舞いに終わり、宮崎市内からの帰路では疲れ果てコンビニの駐車場で3時間ほど寝てたので店に戻ってきたのが朝3時…。ポストを見ると入っていたのでゆっくり見ました。
    2014年の干支印(甲午)
    上の画像の印が優の評価を受けた作です。
    今年の十干十二支の干支で 甲午 と入れてます。
    大きさは約19mmでハガキに入れる事も出来るサイズです。
    今回の課題は2つの文字も下部がスカスカなのでバランスに苦慮する課題でした。下部の単純さを改善するため若干内側に傾斜させてみました。簡単な文字ほど難しい。
    次回号に掲載される1月締切の課題がありましたが出品できませんでした。毎月の好古印会の課題もここ3ヶ月間提出していません。
    今は体調に問題ないですが、先を考えると体がいつまで耐えられるか心配も尽きません。更に何よりも仕事に寄ってはかなり待って頂いてるお客様も御座います。 私が粗彫りが出来る様になってから、父と二人三脚でやってきた手彫りをやめ、以前の様に原稿を手で書き、粗彫りは機械を使い、仕上げを手で仕上げていく形にもっていく方向で検討中です。

    カテゴリー: 日々精進, 篆刻

    ↓↓↓1つづつポチッと、お願いしますm(__)m

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ にほんブログ村   人気ブログランキングへ
  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ