相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2013年8月3日   小篆


    昨夜、実印を仕上げお渡しできる様にケースに入れ紙袋に詰め終えて、原稿を見てるとふっと小篆で川を描くと3本の縦画は全て違う形をしてるから…中は下の横画をどの位置がベストかなって頭で文字を書いてたら気になってきて小篆で彫りました。
    当店の御注文のほとんどが印相印です。ですが、作品展の課題や大阪の講習会の課題は小篆です。なので無性に小篆で彫りたくなる事があります。それで昨夜も宮崎に帰らず夜な夜な彫り上げてました。
    小篆は流線の美を表現出来ていいものです。出来上がって満足しましたが、それなら大印展の課題の1つでも彫り上げろよ!と言われそうです(汗)
    こんな事をしてる場合じゃない…他の仕事も…(汗)
    印材の大きさ:3分5厘丸(約10.5mm)
    材料:象牙


    カテゴリー: 個人・個人事業主の印鑑

    ↓↓↓1つづつポチッと、お願いしますm(__)m

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ にほんブログ村   人気ブログランキングへ

    小篆 への2件のフィードバック

    1. きれいな仕上がりですね!川中さん中川さんどちらから読むのが正しいのでしょうか?

    2. mune のコメント:

      ■ ティチャイチャイ様
      こんにちは。
      仕上がりをお褒め頂き嬉しく思います。
      印相印もいいですが、この様に本来のすっきりとした文字の入れ方で小篆で作るのもいいものです。
      文字は、中川と読みます。
      日本は文字を右から左に書いていましたので、ハンコも右から左に文字を入れております。 官公庁の横書きの角印に関しては左から右に文字を入れます。

  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ