相馬印ばん店 宮崎の手書き手彫りの印鑑屋

職人日記

  • RSSフィード

  • 最近の投稿

  • タグ

  • カテゴリー

  • 過去の投稿

  • 2015年11月30日   宝塚歌劇団が宮崎に…

    35名のハガキに使えるサイズの落款印
    明日が宝塚歌劇団の雪組の宮崎公演で、本日は福岡から移動されてきます。
    昨日の夕方から降り出してた雨も朝には止みいい天気になりそうです。
    昨日は休日でしたが、午前中に所用を済ませて午後から仕事をする予定でしたが、毎晩3時に寝る日が続いていたせいか起きたら11時でした。 ここから予定が大幅にくるって今夜も3時までだなって思ってましたが、予想外に時間が掛かって結局、朝方6時まで掛かってました。
    落款印はフェルトの袋に入れて納めます。
    35名分を刻してましたが側款を入れてなくて35個の落款印の側面に側款をいれました。初めの2個ほど「乙未十一月宗典刻」と入れましたが、朝までに終わらないと思い「宗典刻」に変更しました。
    更に時間を要したのは1つ1つ補刀して完成させたら、印箋と誰に渡すか分かる様に名前のリストにも捺印。 落款印はフェルトの袋に入れて、捺印した印箋を紙袋に貼ってその中にフェルトの袋を入れる。更に平仮名以外は何の文字がどういう書体で刻したかをひと言添えてるという作業を35回繰り返してました。
    途中、何度か時計を見ると長針より短針の方が動いてるように思えるぐらい1時間1時間が刻々と過ぎて行くありさまでした。明るくなる前に完成してホッとしました。 トータル何十時間かかっただろうか…。 今回は先々週から仕事が暇だったのが幸いでしたが、その暇な状況を鹿児島の判子屋さんから『暇なのは日頃の行い!ポスティングや、チラシ広告をしてないから!』と、痛いとこ指摘されてました。
    確かに現状は待ってる商売になってる…。メーカーの営業マンが何処に行っても何も営業活動をしてないのに暇だ~暇だ~って言ってます。何もしないで待っていれば仕事が来るいい時代はとうに終わったのに…って、言葉を思い出して「今の俺もだ!」って気付かされました…orz
    さてと、手が空いてる時こそ頭を働かせないと。


    カテゴリー: 商品の紹介, 篆刻

    ↓↓↓1つづつポチッと、お願いしますm(__)m

    にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 宮崎県情報へ にほんブログ村   人気ブログランキングへ
  • カテゴリー

  • 過去の日記

  • 最近の投稿

  • 相馬印ばん店RSS

  • この頁の先頭へトップ頁へ